40万円お得にクルマを売却する方法

フィットハイブリットを40万円安く購入した方法

フィットハイブリットを40万円安く購入する裏ワザは、

今乗っている車を

最も高く買い取ってくれる業者へ売る

と言う事です。
方法は実にシンプルなので、誰でも出来ると思います。

>> 最も高く買い取ってくれる業者を探す

簡単に、僕の例で説明していきますね。

ディーラーでは下取り額5万円と言われた車が、ある買取業者では45万円もの値がつきました。
高く買い取ってくれる業者へ売るだけで、40万円も得したのです。

実は、僕はフィットハイブリッド購入前、10年落ちのカローラに乗っていたのです。
ディーラーで「下取り車有り」と「下取り車ナシ」の2つの見積もりを出してもらったところ、
カローラの下取り額は5万円ということが分かりました。
その時は距離も乗っていたので、こんなものかなと思っていました。

その日は一旦自宅に戻り、モノは試しにと軽い気持ちでカーネクスト
僕のカローラの買取額を確認してみました。そうしたら、45万円という値がついたのです。
(車の状態にもよります)

当然ですが、僕はディーラーで下取りなしでフィットハイブリッドを購入し、
カローラは、カーネクストで最高値をつけてくれた業者へ売りました。

 

一言で言えば
『今乗っている車を、最も高く買い取ってくれるところで売れば良い』 ということです。

その為には『ディーラーでの下取り価格』と『カーネクストでの査定額』の 両方を知る必要があります。 まずは、カーネクストで今の乗っているクルマの買取額を確認してきましょう。

 

↓ 国内・海外にマーケットを持つカーネクストへ見積り依頼をする(無料)↓
査定する

 

新車購入に交渉は必要ない

車の雑誌等で見かける値引き交渉術がありますよね。
ライバル車との比較や決算期前の購入、サービス付加の交渉など時間も労力もかかります。
にも関わらず、大した値引きには至らない・・・。
無駄に疲れて終わったという経験をされた方は、多いのではないでしょうか?

そもそも、ディーラーとの交渉で値引きが引き出せると考えるのが間違いだと僕は考えています。
どのお店でも値引き額に大差がないのは、車種によって値引きの上限が設定されているからです。
ディーラー側も利益を出さないといけないので、当然のことですよね。
交渉しなくても、それ以上に安く購入出来る方法があるのですから、 無理して交渉する必要はないのです。

 

ディーラーの下取り額5万円は妥当なのか?

これは、妥当と言って良いでしょう。 ディーラーは、国内で車を販売して利益を出しています。
僕の10年落ちのカローラは国内ではニーズも少なく売れないでしょうから、
やはり5万円程度の下取り額になるでしょう。

一方で査定を無料で実施しているカーネクストは、海外にも車を販売し利益を出しています。
高品質な日本車は古くても海外では高く売れますから
(アジアやアフリカで人気があるようです)、 45万円で買い取っても十分に利益が出るのです。

つまり、販売マーケットが異なるために40万円もの差が出るのであって、
別にディーラーがぼったくりしている訳ではありません。
たまに「カーネクストでの買取額をディーラーに見せ、交渉した方が良い」 と薦める人もいますが、実践する必要はないでしょう。 必要なのは、下記の3ステップだけです。

  1. STEP.1

    問い合わせ・相談・無料査定のお申込み

    最短5分以内に回答いたします。 年中無休、メールフォームは24時間受付しています。

  2. STEP.2

    ご成約後、車引取りの日程を決定・車の引取り

    ご成約となれば今後の流れなど詳細をお電話でお伝えし、車のお引き取りまで対応いたします。

  3. STEP.3

    書類到着後の抹消手続き(無料)、口座へのお振込み

    書類に不備のないことを確認後、2営業日後にお客様ご指定の銀行口座へお振込みいたします。

まずは、今乗っている車の買取相場を確認してみてください。